HOME

 自分にはまったく非がないのに、交通事故に遭ってしまうということはあります。

さらに怪我をして通院を余儀なくされるということもあります。koutsujiko専門の丁寧な弁護士はこちら。

よそ見

本当につらくてたまらないのに、加害者側の保険会社から怪我の程度を
しつこく聞かれたりするのは苦痛なものです。

半年くらい通院をしても症状が残るという場合は、医師によって症状固定という
診断を下されることになりますが、この診断によって後遺症の等級がきまっていきます。

banner

加害者側の保険会社からはこの等級によって、賠償金の額が決められているのですが、
日本の場合、海外に比べて賠償金の金額が少ない傾向にあります。

つらい怪我まで負ってしまっているのに、この程度しか支払われないのかと
憤ったり、泣き寝入りをする人もいいです。

でもその賠償金の金額に不満を思っているのでしたら、解決を急がないで
まずは弁護士に相談してみるのも1つの方法です。

弁護士でも交通事故の案件に詳しい弁護士もいますので
そういう人に相談してみるのがいいのです。

交通事故に遭ったらまずは警察に届けることと、治療をしっかり受けることが前提です。
特に病院は、身体に異常が全く見られなくても、事故に遭ったらまず真っ先に行って下さい。
目に見えない部分が破損している可能性もあります。

突然事故に巻き込まれたら、その時の状況を思い出すのは苦痛ですし
冷静さにも欠けている状態のため、記憶が曖昧になってしまうことも
多いようですが、今後の処理に非常に重要ですので、事故後の状況は
きちんと把握しておきましょう。