弁護士費用

不幸にして交通事故の被害者となってしまったときに、気掛かりになってくるのが
果たして加害者側から適切な金額の補償が支払われるかです。

banner

交通事故の補償については当事者同士の過失の割合というものが
ポイントとなってきますし、過失の割合に応じて加害者側から
支払われる補償の額が大きく変化してくるからです。

そのため、交通事故後の示談交渉というものはとても重要になってくるのですが、
この交渉では主に加害者側の保険会社と話を進めていくことになるので
話がまとまるまでには時間を要することになりますし、交渉相手を納得させるための
法的な知識を必要とします。

居眠り

そのため、示談交渉に入るにあたってはその交渉を弁護士へ依頼する人も少なくはありません。
特に被害者になってしまった場合は、冷静に話を進めるためにも弁護士に任せた方が
間違いなく安心です。また、加害者が高圧的に物を言うタチの悪い人だった場合
言われるがままになってしまう心配も、弁護士であればありません。

しかし、実際に弁護士へ依頼をするとなると報酬面が気になってきます。
そこで弁護士へ支払う費用面の不安を払拭できるシステムとして
弁護士特約があります。

この特約が付帯されている自動車保険であれば、示談交渉を依頼した場合であっても
その費用は保険会社が支払うことになるので、万が一交通事故の被害に遭ったときでも安心です。

また、相談料や着手金を無料にしている弁護士もいますので、
弁護士費用を気にして自分で解決しようとせず、まずはどんな弁護士がいるのか
調べるところから始めてみてください。