海外

海外旅行や出張中に予期せぬ事件や交通事故に巻き込まれることがあります。

言葉の通じない外国での事故は不安も大きくどうすればよいかわからないと思います。
基本的に海外で交通事故に合った場合、加害者がその国の人であれば
裁判で争う時には原則としてその国の裁判所で争う事となります。

またその時の法律も原則として発生した国の法律で争う事となるため、
弁護士を雇う場合はその国の弁護士を雇い裁判を行ってもらうのが基本となります。

banner

一方、交通事故の加害者が日本人で、事故後に日本へ帰ってきている場合は
日本の裁判所で争える可能性は高くなります。

しかし、この場合でも使われる法律は海外のものなので、弁護士は
その国の方にお願いする場合が多いです。

暗い中

海外で起こった事故の場合その時の状況により使える裁判所や法律が異なるため、
その時に応じて対応していく必要があります。

リスクを少なくするためには、旅行へ行く前に外国への旅行中も対応している
傷害保険に加入しておくとよいと思います。