物損

交通事故の被害に遭った場合には物損事故の場合でも弁護士に
相談した方が良いケースがあります。

交通事故による物損事故で請求出来る損害金は、
車両の修理費、代車料、休車損害などです。

キッと見る

車両の修理費用は過失割合によって決められますが、たとえ自身の過失がゼロで
購入後間もない新車に乗っていたケースでも、新車の購入代金を
請求することは出来ません。

あくまでも同程度の同じ車種の時価相当しか手にすることが出来ませんので、
改めて新車を購入するとなると自己負担が発生してしまいます。

banner


その為度々トラブルが発生してしまいますので、出来るだけ
弁護士に依頼することをお薦めします。

物損事故の場合は慰謝料や治療費などを支払ってもらうことは出来ません。

もし怪我をした場合には、出来る限り早く診断書を警察に届け出て
人身事故に切り替えてもらうことが必要です。

また交通事故による物損事故の被害者の場合は
あくまでも実際の損害額を手にすることになりますので、
弁護士費用分は自己負担となってしまいます。

そのため自動車保険に弁護士費用特約を付帯しておいて、
自己負担をする必要なく弁護士を利用出来るようにしたいです。