慰謝料

交通事故の被害者になってしまうと、身体上の怪我や物損、収入減などの損害に加えて
精神的にも大きなダメージを受けます。

虹が見えた

この精神的に受けたダメージについて相手方に請求できる賠償金が慰謝料です。
実費が原則とされている怪我の治療費や物損費用、基礎収入から算出する
休業補償に対して、慰謝料では精神的な苦痛という性質上尺度化が
難しいという特徴があります。

そこで、同じような交通事故なのにもらえる金額が全然違うといった
格差を出さないために、交通事故の慰謝料には計算基準が決められています。

ハッとする

この計算方法はひとつではなく、自賠責保険によるもの・任意保険によるもの・
裁判の判例によるものと3つの計算式があります。

この3つの計算方法のうち、賠償金の額が一番安く計算されるのは
自賠責保険での計算、逆に一番高額に計算されるのは裁判の判例を使った計算です。

裁判の判例を使った計算は弁護士基準とも呼ばれ、物価や最新の裁判の判例を
反映させるべく定期的に見直されています。

交通事故の示談交渉の中で、加害者サイドの保険会社は安い自賠責の
計算方法で算出した金額を提示してくる可能性があります。

交通事故で被害者になってしまったら、賠償金額で損をしないためには
弁護士の先生に早めに相談をして弁護士基準の賠償金額で交渉してもらうのが
一番いい方法です。